• Mailアイコン
  • Facebookアイコン
  • Instagramアイコン
  • Twitterアイコン
大阪 夏の陣・くろんど輪舞曲(ロンド)180K

~Over the Limit~

GUEST

ゲストランナー

大杉 哲也(おおすぎ てつや)選手

大杉選手

関西のスピードスター。Sotoasoサポート選手の大杉選手。
全国区の知名度を誇るトレイルランナーでありながら、競技だけでないトレイルランの魅力発信に尽力。
勝利よりもトレイルを楽しむ姿勢を一番に想い有言実行!交野の里山や飯盛山の生駒山系をホームフィールドを中心にトレイルランニングカルチャーの普及に邁進中。

Sotoaso公式ホームページ:https://sotoaso.jp/archives/196

常田 めぐみ(ときた めぐみ)選手

常田選手

300kmOverのレースを語らせたらこの人。Sotoasoサポート選手の常田選手。
小学校教師として働きながら関西をはじめ全国のトレイルラン大会に出場し多数入賞。昨今は海外レースを主戦場にしています。昨年はNINJAPONSチームでUTMB(PTL)<300㎞。累積標高25,000m>とTor des Géants®<330㎞。累積標高24,000m>を完走する快挙を達成しています。また、トレランカルチャーの普及にも尽力し、女性向けのトレイルの楽しみ方を提案。関西では「おりひめトレラン」、関東では「シンデレラトレイルラン」などの女性限定トレランイベントナビゲーターとして活躍中。

Sotoaso公式ホームページ:https://sotoaso.jp/archives/202

土井 陵(どい たかし)選手

土井選手

関西で100マイルレースを語らせたらこの人。今年も香港のHK4TUC(298km)を完走した土井選手。
100マイル完走に必要なこと。毎日の小さな努力の積み重ね。絶対完走するという強い気持ち。そして、自分を応援してくれている人への感謝の気持ちだと語る土井選手。
100マイルレースへの取り組みとして、milestone (マイルストーン)のヘッドランプ『トレイルマスター』の考案者でもある。

HK4TUC インタビュー:http://milestone81.com/ ※milestone (マイルストーン)公式ホームページより

上宮 逸子(うえみや いつこ)選手

上宮選手

2019年阿蘇ラウンドトレイル(ART)の覇者、上宮選手。
京都府出身。小さい頃から実業団まで取り組んでいたバドミントンを引退後、マラソンを始め、その後に出会ったトレイルランニングに魅了され、現在、全国各地のレースに参戦し活躍されています。最近では、山と渓谷 マウンテンスポーツマガジンの”TRAIL RUN”の表紙を飾り、アスリート人生を語っていたのも印象的でした。必見です!主な戦績は、2019年阿蘇ラウンドトレイル(女子の部・優勝)、2018年TDS(フランス)(年代別2位)など多数。

北田 雄夫(きただ たかお)選手

北田選手

日本人初の7大陸走破、長距離アドベンチャーレースの第一人者。情熱大陸にも出演した北田選手。
大阪府出身。好きなかけっこをしようと中学生から陸上は始め大学時代にはリレーで日本選手権3位となるが一度挫折し就職。就職後に「自分の可能性に挑戦したい!」という思いを抑えきれず、再び競技を始め、様々な経験を積み、30歳からアドベンチャーマラソンに参戦。2017年日本人初として初めて「世界7大陸アドベンチャーマラソン走破」を達成。そのレースの模様などが情熱大陸で放映されました。

丹羽 薫(にわ かおり)選手

丹羽 薫(にわ かおり)選手

山スキーの夏場のトレーニングとして、また愛犬の散歩としてトレイルランニングを始める。
現在Salomonのアスリートとして、またfinetrackのパートナーとして、国内外のトレイルランニングレースに参戦し、特にウルトラトレイルと呼ばれる超長距離レースや険しい山岳地帯をコースレースを得意としているトレイルランナー。
今年も SHIGA1 FKT 2020 438km D+28,300mを6日と12時間10分で完走。主な戦績は、2019 Oman by UTMB 168km【優勝】、2019 Tor Des Geant 330km【5位】、2019 Andorra Euforia 233km【準優勝】など多数。

サロモン公式ホームページ:https://timetoplay.salomon.jp/ambassador/kaori-niwa/

飯野 航(いいの わたる)選手

飯野 航(いいの わたる)選手

東京都葛飾区出身。仕事都合でドイツ駐在中(2008-2012)に本格的にランニングを始める。ドイツを中心としたウルトラマラソンレースに多数参加し、目標としていた世界一過酷といわれるサハラ砂漠250kmレースに出場した(9位)。帰国後、海外レースを中心に出場し、幾つかその模様がNHK BSグレートレースにて放送された。現在ウルトラマラソンなどのコーチングも行い、指導したランナーで未完走者はゼロである。モットーは『ご飯をカロリー気にせず美味しく食べるために走る』。
主な戦績は、2019年(ラオス)Ultra Trail Luang Prabang96km(優勝)、(アンドラ)UT Vallnord Euforia233km(2位)、(台湾)Formosa Trail104km(2位)など多数。

小山田 隆二(おやまだ りゅうじ)選手

小山田 隆二(おやまだ りゅうじ)選手

山梨県甲府のランニングショップ「道がまっすぐ」店長。そしてスリーピークス八ヶ岳トレイルのコースディレクターでもある小山田氏。Team ANSWER4。現在48歳。
レース、そして山梨の山々を繋ぎ仲間と共にゴールを目指すMUJIN100で生きてるうちに1本でも多く100mileを走りきることが目標。現在24本。
「MUJIN」とは「無尽」。無尽とは、信頼し合う仲間が集まること。時代が変わり、形が変わっても、古くから山梨に伝わる独特な文化であり、人と繋がり助け合う集まり。無尽とは、尽きることが無いこと。魅力が尽きることのないトレイルランナー。

「道がまっすぐ」公式ホームページ:https://michigamassugu.com/
MUJIN100公式ホームページ:https://mujin100mujin100.wixsite.com/index